賃貸物件でのロフトのメリットとデメリット!!

基本的にはメリットが多い

ワンルームなど小さめの物件市場において、他との差をつけるためにロフトスペースを設けているケースが増加中です。そのロフトとは特に狭い部屋(マンション・アパート)に住んでいる人にとって基本的にかなり好都合で、この設備があることによって収納性が格段に上がります。そしてロフト付きの家に引っ越してきてロフトスペースに段ボールから出すことなく荷物を置いておけば、別の場所に引っ越したい時に荷造りの時間が省けます。そしてまた、荷物を端のほうに寄せておけば余ったスペースにふとんを敷いて寝床とする事が出来ます。普段はベッドで寝ていてロフトは使用していない場合でも、一人分が寝られるスペースを空けておけばゲストが来た時にその人物の寝床とする事も可能です。

デメリットもあるロフト

何かと便利なロフトという設備ですが、デメリットもないわけではありません。例えば、寝相が悪い人がロフトを寝床とする場合は落下しないかどうか毎日心配が付きまといますし、万が一落下してしまったら相当な大怪我を負うリスクを秘めます。あと夏場とは同じ部屋の中でも上のほうと下のほうでは少し室温が違う中、それでもロフトで寝ようとすると暑くて寝られず睡眠不足で苦しむ可能性があります。また、ロフトの上の室温が高すぎる中でもなんとか寝るために夜通しでクーラーをかけ続けていたら、夏場に電気代がかかってしまうのも問題です。 その他、ロフトはかなり天井に近い場所にあるため起き上がる時に気をつけないと天井に頭をぶつけてしまう恐れがあります。

札幌市北区はJR函館本線の北側にあります。この地域は地下鉄が通っており、札幌北区の賃貸は地下鉄沿線であれば交通アクセスが良いでしょう。

© Copyright Luxury Apartments Rental. All Rights Reserved.